黒沢音楽教室

山下達郎
(雑誌インタビュー記事より)


─文化祭とかにも出たんですか?

山下達郎:ていうかね、ブラスバンドの担当の音楽の先生ってのがまた変わり者で、
わりとロックンロールに寛容だったんですよね。

─当時としては珍しい大人ですね。

山下達郎:当時ロックンロールなんて不良の音楽で、世の中からはまだ全然認知されていないのにね。
僕らのバンドに音楽室を土曜日貸してくれたり、音楽の時間とかお昼の食事の時間に屋上とか中庭で演奏させたり……。

─達郎さんたちに?いきなり人前で?

中学3年夏ドラム練習中
山下達郎ドラム練習

山下達郎:ええ。ずいぶんやらされましたよ。文化祭はもちろん、豊島区の音楽会とか。
小田急デパートの屋上でやったこともある。動物愛護週間のイベントかなんかで。
それって毎年ブラスバンドがやってたんだけど、その先生が僕達のバンドで出ろって。
その年の動物愛護週間のテーマ・ソングまで歌った。

─へー。どんな歌?

山下達郎:「忠犬チビ公の歌」っての。これがもうマイナーコードの極致。
♪かぁわいい犬のチービ公はァ……って(笑)。
御苑スタジオでアンプを借りて、バスに乗っけて運んだり、もう大変。
ドラムはうちの学校の女の子のお兄さんに借りて。
僕、そのとき生まれてはじめてドラムのフル・セットを叩いたんですよ。

中学でブラスバンドに入る。
高田中学文化祭で演奏する
達郎さん。67年夏(中学3年)
山下達郎 高田中学文化祭

山下達郎:中学に入ってすぐ、まずクラブを決める時間があって、希望のクラブを紙に書いてクラスでまとめて提出するのね。
そのとき、鼓笛隊やってた流れでブラスバンドにしようか、それとも、しぶとく科学部でいこうか迷ったんだけど、
やっぱり科学部にしようと思って、いったんはそう書いたんですよ。
で、その紙を列の後ろから集めていったら、ぼくの列に二人もいたわけ、ブラスバンドを希望してるやつが。
それで優柔不断になっちゃってね。こんなにいるんだったらやってみようかなと思って。
急いで席に戻って、科学部を消して”ブラスバンド”って書き直した。
で、その放課後、クラブごとの会合に行ってみたら、なんと、ぼくのクラスでブラスバンドに行ったのは僕を含めたその三人だけだった。
これはもうほんとに運命の別れ道。これがキッカケで環境がガラリと変わったんだから。
僕が今こういう商売をやってる大きな要因は、小学校時代の音楽の先生と、このブラスバンドの一件ですね。 


トップに戻る

(C) KENNY MUSIC All Rights Reserved.